歯が抜けてしまったらどうする?インプラント治療を知っておこう

歯が抜けてしまったらどうする?インプラント治療を知っておこう

インプラント

抜けた歯を放置していると…

人の歯は丈夫に出来ていますが、虫歯や歯周病が進行してしまうと、歯が溶けるまたは抜けてしまうことがあります。もし、歯が抜けてしまったらどうすればいいのでしょうか?基本的に放置はしないことです。抜けた歯を放置してしまうと歯を支えている骨が変形したり、他の歯がずれたりする問題が発生するでしょう。このような問題を避けるためにも、宮崎や明石では失った歯の治療法があります。

レディ

注目の治療方法

歯が抜けてしまったら入れ歯や差し歯、ブリッジなどの方法で治療するイメージがありますが、ここ最近では「インプラント治療」が注目を集めています。インプラントとは歯が抜けた部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上に人工の歯を被せる方法で治療をします。入れ歯などと比較しても安定感があり、見た目も自然です。歯が抜けた場合はインプラントに向いている人をチェックして、治療を検討してみると良いですよ。

インプラント治療が向いている人ランキング

no.1

1本だけ歯を失っている人

インプラントは1本だけ歯を失ってしまった場合でも治療可能です。ブリッジだと両隣の歯を削る必要があるので、1本の欠損には向いていません。インプラントだと確実に治療できるので、特におすすめでしょう。

no.2

見た目を気にする人

人前に出て話す機会が多い人など、歯でも見た目が気になる場合はインプラントが向いています。天然歯と見分けがつかないほどの自然な仕上がりとなっているので安心です。

no.3

入れ歯が合わない人

中には入れ歯が体質的に合わない人もいるでしょう。入れ歯に不快感や違和感を感じで辛い思いをしている場合は、インプラントにすると良いですよ。

no.4

食事を楽しみたい人

インプラントだと噛む力がほとんど回復すると言われています。そのため、硬いものなど思いっきり食事を楽しみたい方もインプラント治療が向いているでしょう。

no.5

残った歯を守っていきたい人

歯を失ってしまうと健康な歯は大事に守っていきたいと感じるようになります。他の治療では健康な歯を削ることも多いので、残った歯を守りたい人は削る必要がないインプラントが適しています。

広告募集中